インターネット標準接続なら入居日にすぐ繋がる

賃貸物件だからといってすぐに転居するとは限らないので、少なくとも2年間は住む前提で考えればインターネット接続環境は重要なチェックポイントとなります。なぜなら、多くの光ファイバー回線は申し込みから開通まで少なくとも1週間以上かかることが当たり前だからです。中には開通まで2ヶ月以上かかるケースもあるので、インターネット接続環境が整っていて既に接続済みならば入居日当日から使えるメリットは大きいでしょう。 そして、無線LAN環境さえ整えれば、スマートフォン接続を自宅内ではパケット消費を気にせず好きなだけ使えます。入居月は周囲の環境に慣れるためにも周辺の店舗や情報を多く調べる傾向にあるので、入居日当日からインターネットが使えることは快適な生活を行う上で素晴らしいことです。

集合住宅は光回線終端装置の種類を確認しよう

集合住宅の場合には、インターネット環境が個別契約タイプとなっていることが珍しくありません。既に光ファイバー接続について集合装置がMDF室へ設置されていることが多く、集合装置の種類さえ確認すれば入居日に合わせて申し込みしておくことができます。そして、無派遣工事を選べるタイプならば、インターネット接続工事に立ち会う必要すらないので、入居から1週間以内にインターネット接続開始できる可能性が高いです。また、インターネット回線を別申し込みとすることで、管理費が高くならないという入居者にとってのメリットがあります。希望するインターネット回線を自由に契約して使えるならば、標準接続に拘らず契約可能な環境にあることを確認して賃貸物件を選べます。